仮差押と担保の関係

強制執行とも呼ばれる差押を実行するまでには、裁判所に申立を行った後に、申立をした側が勝訴しなければなりません。これとは別に、差押の判決が出る前の段階で実行可能な、仮差押という制度が存在します。しかし、この方法を行うには、裁判所に担保を支払う義務が生じます。
あくまでも仮の方法ですので、差押のように返済に応じない相手の財産を処分することはできません。この方法が活きるのは、判決前に相手が勝手に財産処分をしてしまう場合です。差押の許可が出ても、相手に財産がなければ差押えるものが残されていませんから、せっかくの判決も無意味になってしまいます。
仮の差押を裁判所に認められれば、相手が土地などの財産を売却できないようにすることが可能です。
担保が発生するのは、差押の判決がまだ出ていない状態だからです。判決が出るまでは、申立人の主張が正しいとまだ判断されてはいません。判決で申立人が敗訴した場合に、今度は相手から申立人に対して損害賠償請求の裁判を起こす際に、このお金が引き当てられることがあります。
担保の金額としては、債権額の数割程度となっているのが一般的です。差押の申立に対する判決が出た時に勝訴すれば、裁判所から返却してもらえます。

コメント

コメントを受け付けておりません。