マルサの差押

マルサというを言葉をドラマや映画で取り上げられたためご存知の方も多いと思います。マルサとは国税局の査察部のことであり、マルサによる差押とは行政法に則った捜査によって財産の差押を行うことを意味します。
同じ調査には税務署による調査がありますが異なる点は、国税局による調査は強制調査だということです。その点からしてもマルサによる査察は故意による脱税など悪質性が高い事案に対して行われることが分かります。また調査に携わる人数も税務署の任意調査よりも多いです。
ではどのようにしてマルサの査察は行われるのでしょうか?
査察には裁判官からの許可状の交付を受けて強制調査を実行しています。この強制調査では脱税の疑いがあるものは全て差押えされます。査察官には逮捕する権限が有りませんので、悪質な行為が見つかれば検察官に告発をして裁判にかけるか、もしくは告発を見送った場合は修正申告や更正といった流れになっています。
国税局による査察は、単に財産の差し押さえによって税金を強制徴収することがだけが目的ではなく、税法にも定められている通り社会的責任を追及し刑罰を課すことでも有ります。裁判により有罪が確定した場合は罰金刑や実刑の恐れもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。