差押が行われるまで

民事執行法上の差押は、債権者の権利のために、国が債務者に不動産・動産・債権などの財産の処分を禁止する民事手続きです。差押が行われるまでの流れは、次のようになります。
調停や審判で決まった支払いがされない場合、裁判所に差押の申請をします。これには、権利を証明する公的な書類が必要です。裁判所による判決書、和解調書、調停調書がよく利用されます。裁判の結果、請求権が認められた判決書はもちろん、裁判や調停が和解で終了した場合の和解調書・調停調書も判決書と同様の効力があります。
次に、差押できる財産の情報も必要です。売掛金や預金のような債権、給料、不動産などを調査します。債権者自身が調査する必要があることに注意します。
これらの情報や資料とともに、裁判所に差押の申し立てをします。
裁判所は、申し立てが法にかなっているかを確認し、開始決定を行い、差押命令正本が送付されます。
債権差押の場合で給料などの差押債権があれば、裁判所で弁済金公布手続きをします。差押債権がなければ、取下げになります。不動産差押の場合には、目的不動産に差押の登記がされます。その後、不動産の競売が行われ、裁判所が債権の順番に従って売却代金を配当します。

コメント

コメントを受け付けておりません。