差押と言えば、よく聞く不動産

借金をする人なら必ず心得ておきたいことが、返済が滞った時の相手側の対応です。借金をしたなら期日までに返済をする義務が生じますが、あまりにも返済が滞ると、督促が送られてくるようになります。督促に応じなければ、差押にまで進展します。
差押の対象としてよくあげられるのが、給与や預金、土地や建物といった不動産などの財産です。これらを差押えることで、債権者側が債権を回収します。
給与や預金はお金ですから、そのまま債権回収にあてることができますが、土地や建物はお金ではないことから、差押えた後にはお金に換えるため競売にかけられます。
競売では、その土地や建物を欲しい人の中で、最も高い提示額を出した人に売却されることになります。競売に参加した人の個人情報、提示額は秘匿とされ、競売の結果が出るまで購入者や金額が分からないようになっています。
差押は債権者が独自に判断して、行えるものではありません。まず債務者が返済に応じてくれない事実を、裁判所に知ってもらうため、申立を行うことから始まります。裁判所が許可をすれば、競売が開始され、土地や建物の調査、価格評価などがされます。
その後入札が行われ、購入代金が支払われれば、債権者へ配当として渡されます。

コメント

コメントを受け付けておりません。